So-net無料ブログ作成

交流戦の最後は5連敗 [千葉ロッテマリーンズ]

マリーンズはジャイアンツと対戦。
先発投手は新人・佐々木投手。苦しい投球が続いているが、今日は果たして…
一軍登録・即先発出場のペーニャ選手。これが良い方向に導いてほしいところ。

2回、一死走者なしから本塁打を浴びて1点を先制される。
3回は一死2塁で適時打を浴びて、1点を追加される。
4回にも先頭打者に本塁打を浴び、1点を追加された。

5回の攻撃で代打を送られ、佐々木投手は交代となった。
4回3失点。試合を作ってほしかったが残念。

その攻撃で、無死1・3塁のチャンスを作り、一死後に代打・井口選手が犠飛を打ち1点を返す。

その裏のマウンドには新人・有吉投手が上がる。
イニングをまたいだ6回に一死1塁となったところで、松永投手に交代。何とか無失点で切り抜ける。

7回は大谷投手が登板。無失点に抑える。

すると8回、二死1塁で鈴木大地選手が起死回生の本塁打!同点に追い付いた。

その裏は内投手が登板。ピンチを招きながらも2イニングを無失点に抑える。

打線は得点を挙げられず、延長戦に突入。

10回、11回は益田投手がピンチを招きながらも何とか無失点に抑える。

打線も10回、11回とチャンスを作るが得点できず。

12回、一死2・3塁のチャンスを作り、代打・柿沼選手がスクイズ。
これが決まり、さらに相手のミスも誘って1点を勝ち越した。
さらに満塁となり、大嶺翔選手が四球を選び、押し出しでもう1点を追加する。

その裏、大嶺祐投手がマウンドに上がるが、大誤算。
いきなり四球を与え、一死後に二塁打を打たれて1点差。
次打者をまさかの敬遠。サヨナラの走者もいる状況で本塁打…

5-7でサヨナラ負け。今日でセ・パ交流戦は終了したが、5連敗でのフィニッシュとなった。
それでも最後まで粘り、一時は勝ち越せた。
この粘りを金曜日からのリーグ戦に持ち込んで、少しでも上を目指してほしい。
しっかりリーグ戦への準備をして、頼むぞマリーンズ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0