So-net無料ブログ作成

粘り及ばず敗戦で連敗 [千葉ロッテマリーンズ]

マリーンズは今日もホークス戦。
先発投手は唐川投手。相手が東浜投手なだけに苦しい試合展開が予想される。


初回、一死1・2塁から本塁打を浴びて、いきなり3点を先制される。

3回、二死1・3塁として、角中選手が三塁打!2点を返す。

4回、一死2・3塁とされ、連続適時打を浴びて3点を奪われ、4点差とされる。

5回、二死1塁から荻野選手が本塁打!2点を返す。


唐川投手は5回を投げ切り6失点で降板となった。今日は試合を作れなかった。
次は頼むぞ!


6回のマウンドには南投手が上がり、無失点に抑える。

その裏、二死2塁として、代打・ペーニャ選手が適時打!1点差に追い上げる。


7回は大谷投手が登板。ピンチを迎えるも、何とか無失点に抑える。

8回は松永投手がマウンドに上がる。二死から連打を浴びるも何とか無失点に抑える。

9回は内投手が登板し無失点に抑える。

ブルペン陣が何とか追加点を与えなかったが、打線は1点差まで追い上げるのがやっと。
5-6で敗戦。連敗となり、この3連戦も負け越し…ガックリ。
明日こそは勝利を頼むぞ!頑張れマリーンズ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。